オンラインサービス

Amazonで間違えて同じ商品を2つ購入してしまったので返品してみた【返品の仕方・理由・返送方法】

Amazonで間違えて同じ商品を2つ購入してしまったので返品してみた【返品の仕方・理由・返送方法】

 

最近Amazonで本を代引き購入したのですが、トラブルで同じ物が2つ届きました。

 

【トラブルが起こった出来事の再現】

よると
よると
今日はAmazonで注文した本が代引きで届く日だな。金額は3,743円だからピッタリに準備しておこう。

インターホン:「♪」

 

宅配業者
宅配業者
こんにちは、ヤマト運輸です。Amazonから代金引き換えのお荷物が届いています!
よると
よると
来たか!いくらですか?(・∀・)(用意した3,743円を手に持ちながら)
宅配業者
宅配業者
え~と、合計で7,553円です!(^_^)
よると
よると
はい(手に持ったお金を数えながら)...ん?7千円?...よく見ると手に荷物を2つ持っているな。(・_・)
よると
よると
すみません、...いくらですか?(・_・)
宅配業者
宅配業者
7,553円です!(^_^)
よると
よると
(・・;)
宅配業者
宅配業者
(^_^)

 

結局その場は2つ分の代引き料金を支払ったのですが、すぐに原因を調べるためAmazonの購入履歴を見てみました。

すると、支払い方法が以前購入したプリペイドカードの支払い状態になっており、カード残高が足りなかったため購入できていませんでした

「そう言えば購入できていなかったから、支払い方法を代引きに変えて再度購入したな…」と思い出しました。

「何とかならないかな…」とAmazon通販ページで確認してみたところ、サイト右上メニューの注文履歴の近くに「返品」の文字を見つけることができました。

Amazon通販サイトの返品へのリンク

 

よると
よると
結論から言うと、余分に購入してしまった商品を返品することができたので、どうやって返品できたのか手順をまとめていきたいと思います。

 

まずは返品できる条件を確認する

【Amazon】まずは返品できる条件を確認する

Amazon「ヘルプ&カスタマーサービス」のページを見てみると、返品条件が事細かに書いてあります。

 

【返品の条件」

  • Amazon.co.jpが発送する商品
  • 商品が到着して30日以内

商品が到着してから30日が過ぎると、返金額が20%減額される。

 

【商品の状態】

  • 未使用・未開封の商品だと、全額返金
  • 開封済みの商品だと、50%を返金

開封状態にかかわらず、配送料・手数料およびギフトラッピング料は返金されない。

(※不具合やトラブルの場合を除きます。)

 

Amazonプライム会員だと送料が無料になり、お得な特典もたくさんあります。

Amazonプライム会員 初回30日間無料体験!

Amazonプライムについてわかりやすメリットを紹介
Amazonプライムとは?登録するメリットなどをわかりやすく紹介します! Amazonプライムは、大手通販サイトAmazonが運営している有料会員制のサービスです。 料金もリーズナブルに設定されて...

 

開封済みとみなされる状態

  • メーカーが梱包した包みを開封、または破損している状態
  • 商品を意図的に破損させるような再梱包をした状態
  • 商品タグが外された状態
  • 部品のビニール包装が開封された状態
  • ケーブルを固定するワイヤーなどが外された状態
  • その他、商品自体に使用された形跡がある状態

自分が購入した商品が返品できる物なのか確認したい場合は、Amazon「ヘルプ&カスタマーサービス」の「返品・交換ページ」から確認することができます。

 

返品の仕方【手順】

【Amazon】返品の仕方【手順】

1. Amazon通販ページの右上メニュー「注文履歴を選択」

Amazon通販サイトの返品へのリンク

 

2. 注文した商品が表示されている右側ボタンメニューにある「商品の返品」を選択。

Amazon「商品の返品」を選択

 

 

3. 返品する商品にチェックで選択して、返品理由を書いたら「次に進む」を選択。

返品する商品を選択し、返品理由を書いたら次に進むを選択

【補足】返品理由と具体的な理由を書く。

Amazon返品理由の書き方
よると
よると
同じ商品を2つ注文をしてしまったので、返品理由は「間違えて注文した」を選択しました。

 

その他の返品理由一覧

Amazon商品の返品理由一覧

 

4. 返金方法を選んでチェックし、「次へ進む」を選択

返金方法を選んでチェックし、「次へ進む」を選択

返金の手続き方法はいくつかあるのですが、私は銀行振り込みを選択しました。

Amazonでよく買い物をするという人は、「アカウントのギフト券」による返金を選択することで、早く返金して貰えます。

 

【補足】銀行振り込みで必要事項を記入する

Amazon返品、銀行振り込みの説明

銀行振り込みを選択した場合、必要事項を入力して「銀行口座を追加する」を選択し、追加した銀行口座を選択してOKボタンを押します。

追加した銀行口座を選択

入力画面の口座名義人を半角カナで入力する方法

【Windows】

・文字を入力してから「F8」キーを押す。

【Mac】

・「Controlキー + ;(セミコロン)」を押す。

 

5. 全ての入力が終わったら「返送手続きを開始」を選択

返送手続きを開始を選択する

 

6. 返送手続きに進んでください画面から「返送用ラベルと返送手順を表示・印刷」を選択。

「返送用ラベルと返送手順を表示・印刷」を選択

 

 

7. 返送方法ページの下の方にある「返送先住所」と「返品受付ID」を印刷し、商品と同梱して指定の場所へ返品する。

Amazon返送先住所 Amazon返品受付ID

印刷出来たら「返送先住所」を荷物に貼り、「返品受付ID」を同封して指定の場所に郵送すれば完了です。

・プリンターがなくて印刷できない場合は、バーコード付近にあるローマ字と数字が混合した番号をメモなどに書いて同封すればOKです。

詳しくは「プリンターを使わない返品・交換の手続き」から確認して下さい。

 

Amazon商品の返送方法

Amazon商品の返送方法

返品作業へ入る前に「返送先住所」、「返品受付ID」を同封したことを必ず確認します。

 

商品を返品する際は「配送業者」を決め、「元払い・着払い」のどちらかを選択することになります。

 

元払いで送る

送り主が送料を支払います。

着払いで送る

Amazonが送料を支払います。

 

よると
よると
返品する際は「着払い」で問題ないです。

理由としては、こちらが送料負担だった場合に返金額から返送料が差し引かれるからです。

 

【Amazon 返品・交換の条件より】

元払いでの返送が必要な商品を着払いで返送した場合は、返金額から返送料が差し引かれます。

 

配送業者を3つの中から選ぶ

・日本郵便 (ゆうパックのみ)

・ヤマト運輸

・佐川急便

上記3つ以外、その他の配送業者から着払いで返送してしまった場合は、再度着払いで送り返されてしまうので注意します。

・届け先の電話番号の記載は不要。

・ 配送業者の送り状の「お届け先」欄に返送先住所を記載する。

 

自宅に来てもらい、返送することもできます。

 

返品できない場合もある

・選択した返品理由と合致しない状態で商品を返送した場合

・返品商品に関する正しい情報 (返品受付ID等) や商品の一部が不足している場合

・返品手続きをした商品とは異なる品物を返送した場合

・返品手続きで指定された場所とは異なる返送先へ返送した場合

 

Amazonの商品を返品するにあたり思ったこと【まとめ】

Amazonの商品を返品するにあたり思ったこと

今回Amazonで間違えて同じ物を購入してしまったことから、いろいろと返品について調べてみたのですが、返品の条件が比較的やさしいなと感じました。

理由としては、

・返品期限が30日以内と長いこと

・開封済みの商品でも50%の金額で返ってくること

 

本来なら自己都合による返品で返金して貰えるのは、不具合・トラブルのある商品だけなのですが、私の場合は未開封だったので送料以外を全額返してもらうことができました

よると
よると
私のように、「間違えて商品を購入したから返品する」というのは稀ですが、同じ様にAmazonで買った商品を返品したいと思っている方の参考になれば幸いです。