パソコン

【ノートパソコンの選び方】初心者向けにわかりやすくまとめます!【目安となるスペックは?】

【ノートパソコンの選び方】初心者向けにわかりやすくまとめます!【目安となるスペックは?】
よると
よると
私は今までに3台のノートパソコンを購入した経験があり、内2台はBTO(カスタマイズ)パソコンです。

【購入したノートパソコン】

  • BTOパソコン(ドスパラ)
  • MacBook Pro(Apple)
  • BTOパソコン(マウスコンピューター)

個人的にノートパソコンは安い買い物ではないと思っているので、選ぶときは慎重になってしまいます。

よると
よると
今まで買ったパソコンも購入前にどれにしようか毎回悩んでしまい、何時間も掛けて選んでいました。(;´・ω・)

購入経験のある私でさえ、ノートパソコンを選ぶ際に時間が掛かってしまうので、

初めてノートパソコンを購入する

どのノートパソコンを選ぶか迷う

という人向けに、 今回はノートパソコンの選び方をまとめていきます!

初心者が知っておきたいノートパソコンの選び方

私はノートパソコンを選ぶ時に、

スペック

値段

デザイン

この辺りを考えて、購入を検討しています。

よると
よると
今回はその中でも特に重要な「スペック(パソコンパーツ)」から、選び方のポイントを紹介していくので参考にしてみて下さい!

今回紹介する重要パーツは以下3つ】

  1. CPU
  2. メモリ
  3. ストレージ

 

「CPU」の選び方

CPUとは

CPUは、人間の頭脳と似た役割を持った処理機能パーツです。

パソコンの代表的なCPUには「Intel製」「AMD製」この2つ、どちらか一方が搭載されていることが殆どです。

「CPUの一覧表」

【intel製】 【AMD製】
「高性能」 Core i9 Ryzen 9
Core i7 Ryzen 7
Core i5 Ryzen 5
Core i3 Ryzen 3
Pentium Athlon
「低性能」 Celeron A-Series

1世代前の考え方では、パソコンを快適に使いたければ「Core i7・Ryzen 7以上のCPUを選んでおけば間違いありませんでした。

しかし現在は型番の種類が増えてきたこともあり、 Core i7でも型番によっては性能の低いCore i7を選んでしまう可能性が出てきています・・・。

よると
よると
結論から言うと、購入前に「PASS MARK」というCPU性能を測定してくれるサイトを使って私はCPUを選んでいます。

具体的な手順は、以下の様に検索すればOKです。

CPUの名前 PASS MARK

「CPUスコアを確認する方法」

①.「CPU名 PASS MARK」と検索して、「cpubenchmark.net」というサイトを開く。

検索例:「Corei7-8750H PASS MARK」

CPUスコアを検索するやり方

②.「Average CPU Mark」に書かれている数値がCPU性能を表している。

「Average CPU Mark」の数値がCPUのスコアになっている

この数値が「5000以上」を基準に、数値が高い程パソコン操作が快適になります。

よると
よると
ちなみに画像の「10143」という数値は私のCPUスコアですが、現在も快適に使えています!

 

「メモリ」の選び方

メモリは作業机の広さ(場所)を表していると言われ、データを一時保存しておくパーツです。

メモリ容量が大きいほど、パソコンの処理動作は速くなります。

メモリが影響すること
  • インターネット閲覧
  • マルチタスク
  • 動画視聴
  • アプリ / ゲーム
  • コンテンツの編集作業など

ノートパソコンを快適に使いたいなら、

  • 8GB
  • 16GB

このどちらかを選んでおけば間違いありません。

「デュアルチャンネル」とは?

デュアルチャンネルについて

メモリ1枚を「シングルチャンネル」、メモリ2枚を取り付けると「デュアルチャンネル」になります。

デュアルチャンネルのメリットは、1枚の時よりもアクセス速度を向上させることができるので、可能ならこちらがおすすめです!

よると
よると
私のメモリは16GB(8GB×2のデュアルチャンネル)です。

今現在も快適にノートパソコンを使えているので、金銭に余裕があれば16GBをおすすめします。

 

「ストレージ」の選び方

ストレージについて

ストレージは、データ(動画/アプリなど)を保存するパーツです。

メモリが一時的な保存に対して、ストレージは長期的にデータを保存していきます。

「CPU」と「メモリ」の性能が良くても、ストレージの速度が低いとパソコンは遅くなってしまいます。

ストレージの種類

代表的なストレージは、以下2種類です。

  • HDD(ハードディスクドライブ)
  • SSD(ソリッドステートドライブ)

「HDD」の特徴

大容量でデータが保存できる。

SSDより安く購入できる。

SSDより衝撃に弱く、静音性が低い。

「SSD」の特徴

HDDよりデータ読み込みが高速。

HDDより消費電力が抑えられている。

HDDより静音性が高い。

HDDより耐衝撃に優れている。

HDDと比べると容量が少なく、単価が高い。

結論、ストレージは「SSD」を選んでおけばOKです。

よると
よると
ちなみに、私は「512GB SSD ( M.2 SATA3)」を使っています。

今現在3割くらいしか使っていなかったので、512GBという容量は過剰でした。(;´・ω・)

 

(※番外編1)「グラフィックス」の選び方

グラフィックスについて
よると
よると
「CPU・メモリ・ストレージ」ほどではありませんが、使用目的によっては重要なパーツ「グラフィックス」の選び方を紹介します。

グラフィックスは、「グラフィックカードグラフィックボードビデオカード」とも呼ばれ、パソコンの映像を画面に映すための重要パーツです。

しかし、大体のCPU・マザーボード(基盤)には「内蔵グラフィックス」というものが付属して組み込まれているので、グラフィックスをパソコンへ搭載していなくても一般的には問題がありません。

こんな人にグラフィックスの搭載はおすすめ】

快適にフルHD以上の高解像度表示をしたい。

負荷の重いゲーム(3D/VR/ARなど)で遊びたい。

綺麗な映像でゲームの迫力を楽しみたい。

ディスプレイの数を増やして、画面を表示させたい。

コンテンツ(動画/イラストなど)の編集作業を快適にしたい。

 

グラフィックスの「種類と特徴」

パソコンのグラフィックスで代表的なメーカーは、以下2社です。

  • NVIDIA(エヌビディア)
  • AMD(アドバンスド・マイクロ・デバイシーズ)

①.NVIDIA® GeForce RTX™ シリーズ

NVIDIA® GeForce RTXシリーズ

「RT Core」搭載して光や炎など、よりリアルに表現できる高度な技術に対応したモデル。

最新のゲームグラフィックスが快適に遊べます。

 

②.NVIDIA® GeForce® GTXシリーズ

NVIDIA® GeForce® GTXシリーズ

「RT Core」を搭載しないことで、低コスト化したモデル。

フルHDで良いという人・高スペックなゲームをしない人向け。

動画や画像編集が快適にできる。

 

③.AMD Radeon™ RX5000シリーズ

AMD Radeo RX5000シリーズ

新設計「RDNA」を搭載し、ゲーミング性能に特化したモデル。

「価格や、ワットパフォーマンスに優れている」ため、高いコストパフォーマンスを実現したモデル。

価格を抑えてグラフィックスが導入できる。

 

④.NVIDIA® Quadro®シリーズ

NVIDIA® Quadro®シリーズ

「3Gアニメーション制作」や「3D CAD設計」など、プロフェッショナル用途に特化したモデル。

最大8画面の複数モニター表示、8K解像度に対応。

10bit対応モニターの利用で、約10億6433万色の表現が可能。

グラフィックスのスコアを確認する方法

よると
よると
グラフィックスもCPUと同じ方法で、だいたいの性能を調べることができます。

①.「グラフィックス名 PASS MARK」と検索して、「videocardbenchmark.net」というサイトを開く。

検索例:「GeForce GTX1050 PASS MARK」

グラフィックスのスコアを検索するやり方

②.「Average G3D Mark」に書かれている数値がグラフィックスの性能を表している。

「Average G3D Mark」の数値がスコアになっている

オンラインゲームで遊びたい人なら、5000以上の数値が欲しいところです。

よると
よると
私は「NVIDIA GeForce GTXシリーズ」という低コスト化モデルを使っていますが、「5129」という数値がでました。

Steamのゲームは不満なく遊べますが、3Dなどの高負荷ゲームには向いてないと思います。

高スペック向けオンラインゲームで「ベンチマークテスト」をした結果

ファイナルファンタジーXVでベンチマーク測定

グラフィックススコア「約5000」がどれくらいの性能なのか調べるために、高スペックが求められるオンラインゲーム「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」で、ベンチマークテストをしてみました。

【FF XVの計測スコアとプレイ目安】

【計測スコア】 【プレイ目安】
12000~ 非常に快適
9000~11999 とても快適
6000~8999 快適
4500~5999 やや快適
3000~4499 普通
2500~2999 やや重い
2000~2499 重い
0~1999 動作困難
ffxvのベンチマーク測定結果

ベンチマークテストをした結果、「GeForce GTX1050」のスコアは3368(普通)という数値になりました。

よると
よると
高スペックが求められるFF XVは、低コスト化モデルのGeForce GTXシリーズでも遊べることが分かりました。

ただ、ゲームの快適さを求めたいならスコア6000以上のグラフィックスがおすすめです。

 

(※番外編2)ノートパソコンの持ち運びに便利なグッズ

ディスプレイ(パネル)について

ノートパソコンの画面に使われている「パネル(ディスプレイ)」ですが、だいたい11型~17型前後のサイズがあります。

パネルを選ぶ時に重視すること。】

  • 使用する目的に合うか
  • 持ち運びはどうか

動画視聴やコンテンツ編集などをするなら大きいサイズが良いですし、頻繁に持ち運びをするなら小さいサイズを選べば基本的に良いと思います。

ただ、私は17.3型と大き目なサイズのノートパソコンを使っているのですが、持ち運びをする時に以下のショルダーバックに入れています。

ノートパソコンを入れるショルダーバック
よると
よると
大き目なサイズてもこの様なバックに入れると、手軽にノートパソコンを持ち運びできて便利です!(*’▽’)

 

【まとめ】初心者向けノートパソコンの選び方

よると
よると
初心者に向けノートパソコンの選び方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか!

最後にまとめると、

ノートパソコンを選ぶ時に重要になるパーツは以下の3つ。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ

【CPUの選び方】

・「CPUの名前 PASS MARK」と検索して上位表示されているサイトから、スコア(数値)5000以上を目安に選ぶ。

【メモリの選び方】

・「8GB / 16GB」から選択して、お金に余裕があれば16GBの方を選ぶ。

【ストレージの選び方】

・「SSD」を選ぶ。

高スペック向けのオンラインゲームやコンテンツ編集などもしたい人は、性能の良いグラフィックスを選びたいです。

【グラフィックスの選び方】

・「グラフィックス名 PASS MARK」と検索して上位表示されているサイトから、スコア(数値)を見て決める。

遊びたいオンラインゲームのベンチマークを見て、スコア(数値)に合ったものを選ぶ。

以上、初心者向けにノートパソコンの選び方を紹介しました。

よると
よると
パソコンは高額な買い物なだと思っているので、どうせなら高スペックな物を購入して快適に楽しみましょう!

マウスコンピューター製のおすすめノートパソコンを紹介

マウスコンピューターでおすすめノートパソコン教えます!【購入前に知っておきたいこと・支払い方法】
マウスコンピューターでおすすめノートパソコン教えます!【購入前に知っておきたいこと・支払い方法】 マウスコンピューターとは、主に「BTO(予算に合わせて自由にカスタマイズできる)パソコン」を販売しているメーカーです。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA