パソコン

間違えて重要なファイル(メモ帳)を削除したら復元できる?【解決方法まとめ】

間違えて重要なファイル(メモ帳)を削除してしまった...復元方法はある?【解決方法はいくつかある】
よると
よると
最近、寝ぼけていたときに重要なことが書いてあるメモ帳を削除してしまいました(´;ω;`)
メモ帳を消してしまった

そのメモ帳には、Gメールやtwitterを含むSNS約10か所で使うパスワードが書いてありました…。

私が削除してしまったやり方が、あろうことか有料ソフト『マカフィーリブセーフ』のシュレッダー機能です。(・・;)

マカフィーリブセーフのシュレッダー機能
シュレッダー機能とは?

この機能は、ファイルを完全に削除してデータを復元不可能にします。

よると
よると
見られたくない重要ファイルを完全消去できるなんて、さすが有料ソフトですね…(泣)

今度からは気を付けます、、

【『マカフィーリブセーフ』を1年間使ってみた感想】

マカフィーリブセーフの契約更新がきたので1年間使ってみた感想を兼ねて評価してみた
マカフィーリブセーフの契約更新がきたので1年間使ってみた感想を兼ねて評価してみた 私は今まで「avast」という無料のをウィルスソフトを使っていたのですが、年々使っていて重いなと感じることが多々...

ファイルの復元で試してみた方法

消えてしまったメモ帳を復元させるために、

・システムの復元

・復元ソフト『Recoverit』

・復元ソフト『EASEUS Data Recovery 』

これらの方法を試してみました。

よると
よると
ちなみに、私のパソコンはWindows10です。

システムの復元

よると
よると
最初に試したのは、パソコンに備わっている復元機能です。

起動する手順

①.Windowsマークの近くにある検索窓から「コントロールパネル」と入力して起動させる。

コントロールパネルを起動させる

 

ここをクリックすれば続きが開きます。

②.コントロールパネル内の「回復」を選択する。

コントロールパネル内の回復を選択

③.「システムの復元を開く」を選択する。

システムの復元を選択

④.復元させたい時間を選んで「次へ」→「完了」を選択する。

復元させたい時間を選び完了を選択 システムの復元を完了
よると
よると
この方法でドキュメント(メモ帳)は復元できないことを、この記事を書いているときに気づきました..(‘ω’)

 

復元ソフト『Recoverit』

よると
よると
次に試したのが、『Recoverit』という復元ソフトです。

無料版と有料版がありますが、私は無料版の方を使わせていただきました。

※下のボタンをクリックすると、ダウンロード(無料版)が開始されます。

使い方の手順

①.ダウンロードした『Recoverit』をインストールして起動する。

ダウンロードした『Recoverit』を起動
ここをクリックすれば続きが開きます。

②.復元したいファイルがあった場所を選択する。

Recoveritで削除したファイルがあった場所を選択する

③.スキャン終了後、復元させたいものを選択して「復元」ボタンを押す。

スキャンした項目で復元させたいものを選択

④.無料版を使って復元させられるのは100MBサイズまで。

無料版を使って復元させられるのは100MBまで

⑤.ファイルの保存先を選択する。

ファイルの保存先を選ぶ

⑥.復元が完了したら、復元先を開いて確認する。

復元が完了したら、復元先を開いて確認
よると
よると
私が復元させたかったのはメモ帳だったため、100MB以上のファイルを復元させたい方は有料版が必要になります。

復元させた結果は、、、文字化けしていました(・_・)

復元したメモ帳は文字化けしていた

 

復元ソフト『EaseUS Data Recovery 』

よると
よると
最後に試したのが、『EaseUS Data Recovery』という復元ソフトです。

こちらも無料版と有料版があります。

※下のボタンをクリックすると、ダウンロード(無料版)が開始されます。

使い方の手順

①.ダウンロードした『EaseUS Data Recovery』をインストールして起動する。

EaseUS Data Recoveryをインストールして起動
ここをクリックすれば続きが開きます。

②.復元したいファイルがあった場所を選択する。

復元したいファイルがあった場所を選択

③.スキャン終了後、復元させたいものを選択して「リカバリー」ボタンを押す。

復元したいファイルを選択して」リカバリーボタンを押す
よると
よると
無料版は2GBまでデータ復元できます。

復元項目にメモ帳のファイルが無く、どうやら「txt形式」には対応していないみたいだったので途中でスキャンを止めました。

 

3つの復元方法を試してみた結果

復元方法を試してみて

3つの復元方法を試してみましたが、消去してしまったメモ帳を復元させることはできませんでした。

ただ唯一、文字化けをしてしまいましたが『Recoverit』だけが「txtファイル」を復元させることができました。

よると
よると
文字化けの原因は「マカフィーリブセーフ」のシュレッダー機能のせい?

ひとつわかったことは、マカフィーのシュレッダー機能が有能だったことですね( ;∀;)

 

最終的な解決方法

マカフィーのシュレッダー機能が優秀だったため、無料のソフトでは復元させることは出来ませんでした。

「有料の復元ソフトを試してみようかな…」とも思ったのですが、Google Chrome(グーグルクローム)のパスワード保存機能のおかげで一部のパスワードは失わずに済みました。

 

Google Chromeのパスワード自動保存機能

「Google Chrome」は、Googleが開発したウェブブラウザです。

今回、このブラウザのパスワード保存機能が役に立ちました。

 

Chromeのパスワード保存機能の使い方

①.Chromeの設定にある自動入力の項目から「パスワード」を選択。

クロームの設定からパスワードを選択
ここをクリックすれば続きが開きます。

②.パスワード項目の「保存したパスワード」にある眼のマークを選択すると、パスワードが表示される。

眼のマークを選択するとパスワードが表示される

③.事前に「パスワードを保存できるようにする」「自動ログイン」項目をonにしておく。(デフォルトではonになっている?)

事前にパスワードを保存できるようにするをonにしておく

 

よると
よると
全てのパスワードを保存していたわけではなかったので、一部分だけ復元することができました。

どうしても復元させたいなら有料ソフトも視野に

よると
よると
一部分の復元はできたので使わなかったのですが、どうしてもファイルを復元させたい場合は有料ソフトを使うことも視野に入れていました。

データが『消えた!』時の最後の切り札」というキャッチコピーに惹かれ、復元ソフトの「ファイナルデータ」を選択していました。

このソフトは「シェアNo.1の定番データ復元ソフト」で操作も簡単、起動しないパソコンも復元できるみたいです。

削除してしまった(メモ帳)ファイルを復元する方法【まとめ】

今回、私は「マカフィーリブセーフ」のシュレッダー機能を誤って使ってしまい、重要なメモ帳を削除してしまいました。

復元で試してみた方法は、

・システムの復元 (ドキュメントファイルは復元できない)

・復元ソフト『Recoverit』(復元できたが、文字化けしてしまった)

・復元ソフト『EASEUS Data Recovery 』(txtファイルは復元できない)

の3つで、どれもメモ帳は復元させられませんでした。

最終的な解決方法は、Chromeに備わっているパスワード保存機能です。

この機能のお陰で、一部のパスワードは失わずに済みました!

よると
よると
今回復元させることができなかった残りのパスワードは、新たに再設定することで解決させました。

これからは気を付けたいと思います…(・・;)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA