ブログ運営

ワードプレスで「PHPの更新を推薦」と警告文が出たので対処してみた【サイト高速化】

ワードプレスで「PHPの更新を推薦」と警告文が出たので対処してみた【サイト高速化】

最近、ワードプレスのダッシュボード画面に「PHPの更新を推薦」という警告文?が出現しました。(;´・ω・)

PHPの更新を推薦という警告文が出た
PHPとは?

・「PHP」はプログラミング言語の一種。

・WordPressはPHPで実装されている。

どうやらPHPのバージョンが古いと、サイトの安全性に問題が起こるかもしれないらしいです。

よると
よると
PHPのバージョンを更新すればサイトパフォーマンスも向上するみたいなので、今回更新をしてみます。

ワードプレスサイトのPHPを更新するメリット

よると
よると
サイトPHPを更新すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

サイトPHPを更新すると得られるメリット

  • WEBサイトの速度が上がる
  • セキュリティが強化される

【出典:WordPress.ORG

WEBサイトの「速度が上がる」

サイトPHPを更新すると「WEBサイトの速度が上がる」ので、

・検索エンジンで高い評価が得られる。

・サイトへ訪問するユーザーの滞在時間が長くなる。

といった、サイトパフォーマンスが向上します。

WEBサイトの「セキュリティも強化される」

PHPを新しいバージョンに更新すると「セキュリティも強化される」ので、今までよりもWEBサイトを安全に運営することができます。

よると
よると
サイトパフォーマンスが向上すると、検索結果で上位表示されやすくなるというメリットがあるので、PHPの更新は必須だと思いました。

【注意】PHPを更新(バージョンアップ)する前にやっておくこと

WordPressのサポートページに、PHPをバージョンアップする前にいくつかやっておくことが書かれています。

  1. WEBサイトのバックアップ
  2. WordPress「本体・テーマ・プラグイン」のアップデート
  3. PHPの互換性をチェック

①.「WEBサイトのバックアップ」をしておく

更新で問題が起こってしまった時用に、バックアップは必ず作成しておきましょう。

バックアップの方法はいくつかあり、自身が使っているレンタルサーバーのバックアップ機能か、「無料のバックアッププラグイン」を使用することになります。

よると
よると
私が使っている「エックスサーバー」には自動バックアップ機能があるため、もし問題が起きたらこれを使いたいと思います。
エックスサーバーは評判通りおすすめだった!2年間使ってみて思ったこと【料金プランは?】
エックスサーバーは評判通りおすすめだった!2年間使ってみて思ったこと【料金プランは?】このブログサイトは「エックスサーバー」を経由して2年間運営していますが、そろそろ利用期限が迫ってきたため契約更新をすることに。 ...

 

②.「WordPress本体・テーマ・プラグイン」をアップデートしておく

WordPressのテーマやプラグインが古いと、危険な状態(乗っ取られるなど)になるみたいなので、定期的に更新をしておいた方が良いです。

WordPress全般の更新をしておく

 

③.「PHPの互換性をチェック」しておく

更新作業をする前に、PHPの互換チェックができるPHP Compatibility Checkerで「テーマやプラグインの互換性チェック」をしておく必要があります。

よると
よると
この3つがクリアできたら、サイトPHPを更新する準備は完了です。

ワードプレスサイトのPHP更新(バージョンアップ)は各レンタルサーバー会社で手順が異なる

WordPressサイトのPHPをバージョンアップするには、各自が使っているレンタルサーバー会社で手順が異なってきます。

私はエックスサーバー(XSERVER)を使っているので、その他レンタルサーバーの方は「こちらの一覧」から、自身が使っているレンタルサーバーを選択して手順に従って下さい。

エックスサーバーでPHPを更新をする方法

エックスサーバーでは「Xアクセラレータ」というサーバー高速化ツールを利用することができます。

このXアクセラレータには「Ver.1とVer.2」の2バージョンがあり、最新のPHPに更新するためには「XアクセラレータVer.2」にしておく必要があります。

よると
よると
私のサーバーは「XアクセラレータVer.1」だったため、まずはVer.2へ変更させます。

【メモ:PHPを更新するまで】

  1. XアクセラレータをVer.2に変更しておく。
  2. PHPのバージョンを切り替える。

①.「XアクセラレータVer.2」に変更する【手順】

1.エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインして、高速化項目にある「Xアクセラレータ」を選択する。

高速化項目のXアクセラレータを選択する

 

2.変更するドメイン項目のところの「選択する」を選ぶ。

変更したいドメイン項目の選択するを選ぶ

 

3.設定対象ドメインを確認後、「Xアクセラレータ Ver.2」にチェックを入れて確認画面へ進むを選択する。

ドメインを確認後XアクセラレータVer.2にチェックを入れて確認画面へ進むを選択

【Xアクセラレータの設定について】

「Xアクセラレータ Ver.1」
・静的ファイルの高速化と同時アクセス数の拡張が行われます。

「Xアクセラレータ Ver.2」
・「Ver.1」の特徴に加えて、PHPプログラムが高速化されます。

【出典:Xserver.ne.jp

Xアクセラレータ設定を「Xアクセラレータ Ver.2」に変更

 

【余談No.1】「Xアクセラレータ Ver.2」へ変更したらサイトが高速化された!

XアクセラレータVer.2に変更するとサイトが高速化される記載があったので、WEBサイト速度が測定できるツール(PageSpeed Insights)で、事前に計測したデータを見比べると、

【モバイル速度】

【ver.1の速度は22 (変更前の画像)】

XアクセラレータVer.1のモバイル速度は22

【Ver.2の速度は32 (変更後の画像)】

XアクセラレータVer.2のモバイル速度は32

 

よると
よると
モバイルからの速度は「22から32」と10アップしていました!

モバイルからの速度が低い…改善の余地ありですね。(´・ω・`)

【パソコン速度】

【ver.1の速度は67 (変更前の画像)】

XアクセラレータVer.1のパソコン速度は67

【Ver.2の速度は73 (変更後の画像)】

XアクセラレータVer.2のパソコン速度は73
よると
よると
パソコンからの速度も「67から73」と6アップしていました!

しかしパソコンからの速度もいまいちなので、改善が必要です・・・。(;´・ω・)

②. PHPのバージョンを切り替える【手順】

1.Xサーバーの「サーバーパネル」から、PHP項目にある「PHP Ver.切替」を選択する。

PHP Ver.切替を選択する

 

2.変更するドメイン項目のところの「選択する」を選ぶ。

変更したいドメイン項目の選択するを選ぶ

 

3.変更するPHPのバージョンを選び「変更」を選択する。

設定対象ドメインを確認してPHPのバージョンを選択する
よると
よると
変更後のバージョンは、推薦された「PHP7.4.13」を選びました。

 

PHPバージョンの切り替え終了

 

よると
よると
PHPを更新したことにより、ダッシュボードに表示されていた警告文が消えました!
PHPを更新する警告文が消えた

 

【余談No.2】「サイトPHPを最新版」に変更したらサイトが高速化された?・・・

今回もサイト速度が高速化されたかな?と、ワクワクしながらサイト速度を測定してみると、、、

【PHPを変更してからのモバイル速度】

PHPを変更してからのモバイル速度は28

【PHPを変更してからのパソコン速度】

PHPを変更してからのパソコン速度は78
よると
よると
パソコンからの速度は5上がったのですが、なぜかモバイルからの速度は4下がってしまいました。(´・ω・`)?

【まとめ】PHPを最新版に更新したらワードプレスサイトが高速化された!

今回、ワードプレスのダッシュボード画面に「PHPの更新を推薦」という警告文が出たため、サイトPHPを最新版に更新することにしました。

サイトPHPを更新して得られたメリット

・WEBサイトの速度が高速化された

・セキュリティ面が強化された

PHPを更新したら、警告文も消えて結果的にサイト速度(パソコン)が上りました。

目には見えませんが「セキュリティ面も強化された」みたいなので、ダッシュボードにPHPの更新と出たら、直ぐに最新版へ変更した方が良さそうです。

よると
よると
しかし、なぜかモバイル速度は下がったので、これから改善していきたいと思います!