メンタル

行動力がない人へ贈る「魔法の言葉」

行動力がない人へ

 

「以前の私は、“何か作業をやりたいな”と思ったときに、やる気が出なかったり・直ぐに行動することが出来ない人間でした。」

 

【やる気がでない】やる気ゼロからやる気を出すためには?
やる気ゼロからやる気を出すためには?【やる気がでない】 皆さんは勉強や掃除・運動などで「行動をしよう!」と思ったときに、「でも今日はやる気がでないな..今日はやめて明日にしよう..」な...

 

毎日の日常生活の中で、「行動力を身に付けるため」に、”どうすれば行動力が身に付くのか?“と、解決策を調べては実践していき、最も行動力が身に付く「ある魔法の言葉」を知りました。

その言葉のおかげもあって、現在の私は”行動したいな“と思ったときに、直ぐ行動
できる癖を身に付けることができました。

 

ここからは、私が行動力を上げることに成功した「この魔法の言葉」で行動する癖を身に付けていただければと思います。

今現在、自分に行動力がないと悩んでいる人へのヒントに少しでもなると思うので、これからの人生に役立てて見て下さい。

行動力がない原因を探る

 

行動力とは、読んで字の如く「行動を起こす力」です。
行動力がない人は、「行動を起こす」という思考&動作の必要があります。

 

「行動力がない人は何が原因で、その「行動をすること」ができないのでしょうか?」

 

・面倒くさいから?

・明日でも出来ることだから?

・嫌なことだから?…etc

 

私は行動することが出来ないということは、「思い込み」という言葉に解決の糸口があると思いました。

行動力がないというのは思い込み?

 

人間は思い込みによって左右される生き物なので、”行動したくないな…”と脳で思ってしまうと、たちまち「行動する」ということが難しくなってしまいます。

 

(※「プラシーボ効果」と「ノーシーボ効果」より)

 

プラシーボ効果
プラシーボ効果による思い込みの力は凄い!ノーシーボ効果との違いは? 「人間が思い込む力は凄い!」 ことわざで「病は気から」という言葉があります。 この言葉は、「病気は気の持ちようで、良...

人間は思い込みによって、これらの効果が出たりと神秘的なので

いかに、「ネガティブな考え=行動できない」という思いを「ポジティブな考え=行動する」という思いに変えることがとても大切になってきます。

 

自分は行動力がないな…“というネガティブな思い込みは、「行動力の敵」なのです。

行動力がない人へ贈る魔法の言葉

 

そこで、実際に私が「行動力を身に付けるために最も役立った方法」が、

思い立ったら直ぐにカウントを数えて行動する」という方法です。

 

やり方は、

・① 何か行動したいなと頭で考える

・② 考えた瞬間から、「5(ごー)→4(よん)→3(さん)→2(に)、→1(いち)」とカウントを頭の中で数える

・③ 0(ぜろ)のタイミングで、身体を動かして行動を始める。

なぜ5から数えるのかというと「人間は5秒以上考えてしまうと脳でやらなくてもいい理由を考えてしまう」のです。

 

(※メル・ロビンスさんの「5秒の法則」より)

 

まとめると、

 

「頭で考えた瞬間からすぐにカウントを開始して、”5→4→3→2→1→よし行動するぞ!”と身体を動かすだけです。」

 

たったこれだけのことで本当に行動できるの?と思うかもしれませんが、

カウントをすることによってタイムリミットが迫ってくるので、緊迫感から自分を奮い立たせる効果があるのかな?と、私的に思っています。

 

この方法のおかげで私は、行動力を手に入れることができ、なお且つ生活の質を向上させることに成功しました。

 

しかし、この方法がわかっただけでは駄目で、行動したいときに「直ぐ行動できる癖」を付けていく必要があります。

まとめ:「行動癖を身に付けるためには習慣化させる」

 

行動をするための方法をお伝えしましたが、数回試しただけだと時間がたった時にこの方法を忘れてしまったりして、なかなか行動できない時が訪れるかもしれません。

そうならないために、習慣化させるために「思い立ったら→行動、思い立ったら→行動…」という様に毎回すぐ行動できれば、行動する癖は身に付くと思います。

行動力が無い人はぜひ、この方法を習慣化して身に付け、生活の質を向上させてみて下さい!